<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
閲覧状況
JECN-0244へようこそ。10周年のfutariに心から39。
ブログパーツUL5
アマゾン川
Coward (初回盤DVD付)
Coward (初回盤DVD付) (JUGEMレビュー »)
ENDLICHERI☆ENDLICHERI
いらっしゃいませ。ENDLICHERI☆ENDLICHERIです。
アマゾン川
たびぼん 竹内結子タヒチ旅日誌
たびぼん 竹内結子タヒチ旅日誌 (JUGEMレビュー »)
竹内 結子
こんにちは。タケウチです。
アマゾン川
写真集 三島由紀夫 ’25~’70 (新潮文庫)
写真集 三島由紀夫 ’25~’70 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)

どうぞ、ゆっくりしていってください。
NEW ENTRIES
ARCHIVES
KINKI LINKS
天気予報

-天気予報コム-
 
お天気プラザ お天気アイコン
oricon
KYOTO TAN9
鴨003(雄) 提供:鴨せいやさん
      Sankaku903
猫のままで終わるな。
鹿
ページのランキングだゼゼゼ
Produced by…
【奈良小屋】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
LF/ベストヒット2007
月曜日に更新されたLove Fighter。
年末に焼肉焼肉って打ったらお肉屋さんは大変やないか(笑)。でも焼肉は刺激的でほんまに困るね。うぅ。
朝ごはんは食べやんとこれあかんから。できれば9時までに食べてください。でも早ければ早いほうがベターです。理由は…うぅ。

ベストヒットアーティスト2007は生放送ならではな事故もあり、ちょっと騒然としてたけど、終盤に登場したKinKi Kidsは安定した歌声を聴かせてくれました。
うぅ、ええ歌やなぁ。声もよく出てた気がします。

嵐とKAT-TUNが一緒に出てきた時、話してる亀梨くんのそばで何か言ってたニノが気になりました。なんか色気も漂ってたような気がするし…。最近彼は、うぅ…。

タキツバのバックにキスマイとA.B.C.。日曜の少年倶楽部でも見たけど、ダンスにキレがあるなぁ。来年JEからCDデビューしないかなぁ。
ある雑誌で、喋り出したら止まらないランキングだったかな。そこに河合くんが10位でランクインしてた。5位くらいにキスマイの1人がいたけど、Jr.では彼ら2人だけだった。パッと見、クールそうなフミキュンだが、なかなか面白いキャラなのかもな。A.B.C.は個性がある4人組だから、デビューすると面白くなること間違いないと思うんだけどな。

ベストヒットアーティスト2007のユニークなところは、芸人さんが出るところにある(というか去年くらいからそういう流れちゃんになった?)のだけれども、芸そのものより、生放送ならではの“巻き”で芸が中途半端に終わったのにめっちゃ笑った。
見てた人はわかると思うけど、藤崎マーケットが2発目のエグザイルのエクササイズをやろうとしたとき。メンバーの名前を順に挙げていき、ネタのスピードを上げていこうとした矢先に誰かの曲紹介になってしまったっていう。あれは笑った〜。

左に受け流す人は、自己陶酔的な歌詞をこれでもかと並べた最後、しっかりとファンに対する感謝の気持ちを歌った。たぶん100点満点のパフォーマンスだったと思う。

JUGEMテーマ:KinKi Kids


JEC4-071211
| Love Fighter | 01:23 | comments(2) | - | 円取 蹴生 |
lOve in the φ
嗚呼、巨人残念でした…。
さすがにユニフォームは着なかったけど、テレビ前で応援していました。
実戦から離れたことで試合勘が鈍ったとよく言われますが、それはペナント優勝チームにとって越えるべき大きな壁なのかもしれません。
セ代表の中日には巨人のぶんまで頑張ってもらいたいと思います。


さてと、昨日一気に来ました!!

まずアルバム『Φ』のジャケ写と曲目詳細。

いままでのアルバムと比べるとかなりシンプルです。なんというか、Φ、という感じがします。Φに込められた想いが気になる!!

曲も素敵なタイトルがたくさんありました。

[UNIVERSAl lOVE…JECN-0153]
M01:lOve in the φ
M02:涙、ひとひら
M03:snapshot
M04:the EDGE of the WORD
M05:ラプソディー(※0153only)
M06:風の色
M07:Lose Control
M08:since 1997
M09:unchanged.
M10:BRAND NEW SONG
M11:銀色 暗号
M12:ノー・チューンド
M13:永遠に


1曲目「lOve in the φ」は、アルバム全体を象徴する曲なのかな。
「iD -the World of Gimmicks-」もよかったので楽しみ。

「snapshot」はSatomi×織田哲郎×家原正樹というおなじみの方々。
これもかなり楽しみ。

「the EDGE of the WORD」紅茉來鈴氏。

「ラプソディー」は成海カズト氏のボーナストラックということで超期待。

「風の色」秋元康氏の作詞。
「停電の夜には-On the night of a blackout-」も「SNOW! SNOW! SNOW!」もすごく素敵な歌詞で曲とよく合ってた。
今作もきっと素敵な言葉たちが紡がれていることでしょうね〜。

「Lose Control」ラルクを連想した。激しい曲かな。つよソロっぽい気がします。

そして!!
「since 1997」クルーン選手並みのストレートなタイトル。
米倉氏にくいね〜。めっちゃ期待。

「unchanged.」作曲の大智氏はいつも嵐のリーダーを連想してしまう。期待。これは光一氏ソロかな。あるいは逆かも。

「銀色 暗号」('-'*)
ウェルカム合作!!
今回は作詞つよっさん、作曲光一氏。
銀色の暗号なのか、銀色と暗号なのか…。銀色で暗号といえば金庫しか思い浮かばない…。

「ノー・チューンド」
長瀬弘樹氏。はじめましてかな。


そして、コンサートとSHOCKの日程も発表されました。
冬が近づいてきました。

今日は河合くんの誕生日です。
すっかり忘れてたけど、20歳おめでとうございます!!
これからも陰ながら応援しています。

そして今日の深夜はANNつよっさん。
夜は長いっす。

JEC4-1020
| KinKi Kids | 21:37 | comments(1) | - | 円取 蹴生 |
KinKi Kids LOVE
週末にいくつか雑誌をまとめ読みしたので、まとめて一気にメモ。

『oricon style』8月13日号

BOOK in BOOKで『KinKi Kids 10th Anniversary in TOKYO DOME』の模様がかなーり丁寧に紹介されています。
全体の構成、MC“イイトコどり”プレイバック、2人のメッセージ(ノーカット)、そしてハグフォト!!
いつも素晴らしい記事を書いてくれるオリスタさんですが、今回もかなりGod Jobだった〜。
なんやかんやで3週連続買ってるんだけど、お手ごろな値段と充実した内容に心から39です♪

Hey! Say! 7のインタビューも掲載されていて、山田君が憧れている先輩に光一氏の名前を挙げてくれています。
「何もかもが、本当にすばらしいです。存在自体がすごい。」
嬉しいこと言ってくれるじゃないかっ!

で、そんな「存在自体がすごい」光一氏に「存在の意味がわかんない(笑)」と一蹴されてるのが野菜のナス。
「味も見た目もすべてがよくわからない」と。
ナスの写真がとても悲しげに見えたなぁ…。
(『Myojo』9月号)

知念君は嵐のリーダーに憧れているようで、それを受けて山田君が「大野君もすごいよね。初めてダンスを見たとき、びっくりした。普段の大野君しか知らなかったけど、踊ってるときは全然違う。そのギャップにも驚きました。」
たしかに「普段の大野君」と、踊ったり歌ったりしてるときの大野君は、「全然違う」。
アーティストとしてのスイッチが入ったときのリーダーは、本当の意味でリーダーになるのかな?
のほほんとした「普段の大野君」も癒されるんだけどね。


『MORE』9月号

一問一答で、2人とも子供の頃になりたかったものがタクシーの運転手さんだった!
光一氏は車好きだからわかるけど、つよっさんは意外だったなぁ。
つよっさんはウルトラマンタロウにもなりたかったらしい。
運転手が光一氏、助手席につよっさん、BGMは「ナイトドライブ」(もちろん生で!!)というタクシーがあったら最高なんだけどな〜(笑)。沖縄まで旅行に行きたい!!

ウルトラマンタロウにはなれずKinKi Kidsになったつよっさんだけど、「みんなが思うより、僕はKinKi Kidsが好きです(笑)」。
「みんな」もちゃんとわかってるって(o^-')b

今の人生の満足度を10点満点で、って質問で、「死ぬまで『5』だと思う。」と光一氏。
これはちょっと鳥肌立った。

つよっさんの「いつも母には感謝してる。本当は時間をプレゼントしたいんだけど……。」という言葉も胸に迫ってきた。
一緒に過ごす「時間」なのか、「時間」そのものなのか…。
どこかで、代われるものなら代わってあげたい、と言っていたのを思い出した。

『MORE』『Myojo』で、「変わってるね」と言われるのが嬉しいと言っていたのも
つよっさんらしかった。
「単純に好かれるより、個性を認めてもらえるほうがうれしい。」
「俺にとっては、最高のほめ言葉かも。励みになる。」
光一氏が「相方の性格をひとことで…」と問われて「ようわからん」と答えたのも、冗談半分ではあれ、いい線を突いてることになるのだろうなぁ。


『Popolo』9月号
10周年特集の第2弾。

これはまさしく「超保存版」だった。
写真は、98年3月号、99年12月号、02年8月号、06年1月号のつよっさんが特によかったなぁ。
光一氏は、つよっさんほどではないけど微妙に髪型に変化があったのがよくわかった。あえてベストを選ぶなら現在(07年9月号)かな。たぶん光一氏はいつでも「現在」が一番素敵に見えるんだろう。
対談も年代順に振り返る形で良かったと思う。

「麗しの王子様ランキング」という特集も面白かった。
光一氏は、「正統派王子様」。ま、当然ですね。『Ray』9月号でも(妄想を含め)存分に王子っぷりを披露してくれてた。
やっぱり大倉君もここに分類されるんですね〜。
ひとつ気になったのは、東山さんを忘れてないか? 絶対正統派王子様でしょ?

つよっさんは、「いやし系王子様」。
相葉・大野・中丸・小山という面々は確かに癒し系ですね〜。
と同時に、みんなワイルドな面も持ち合わせてる。そのギャップがまたいいんでしょうね。


A.B.C.って『Popolo』初登場なんですね。ちょっと意外だった。
戸塚君はJr.の中でも筋金入りのつよっさんファンらしい。
「遠い存在だけど、歌も好きだしリスペクトしてます。独特の世界観がすごいなと思う。」
頑張ってください。陰ながら活躍を見守りたいと思います。

前から注目してた河合君は、尊敬する先輩に木村拓哉くんと松潤を挙げている。
「麗しの王子様ランキング」によれば、2人とも「セクシー系王子様」に分類されてて、あぁ、納得。「セクシー系王子様」の有力継承者。


最後に、『Myojo』のミヤケンの上腕二頭筋はなかなか見ごたえあった。
例のキャンプに“入隊”済みだそうで。
聞けばSix Packも素晴らしいとか…。
岡田君もお芝居のために鍛えてるみたいなんで、カミセンのマッチョ度急上昇って感じでしょうか。
「マッチョ系王子様」っていうカテゴリーもあったらNICEだったんだけどなぁ。

OS-1404-2007-31/MYOJO-0709/MORE-0709/POPOLO-0709/RAY-0709/JEC4-0709A
| KinKi Kids | 21:07 | comments(3) | - | 円取 蹴生 |
『Johnny's Entertainment Chronicle Note』ver.2.1
2007年11月17日(土)再リリースかぁ。それも面白そう。

「好きなアルファベット二字は何?」と訊かれたら、あなたは何を思い浮かべるでしょうか?

僕は迷いなく“JE”を思い浮かべます。もちろん、Johnny's Entertainment、のJEです。ほんとは“EE”と“KD”で一瞬迷ってしまうんだけど、どちらも音楽活動においてJEに深く関係しているので、ここははっきり「JEを思い浮かべる!!」と言っておこう。

ブログタイトルの一部でもある愛しいJEですけども、10周年を記念してこの10年間を振り返ってみようという企画がこの『Johnny's Entertainment Chronicle Note』です。
まだ不完全なところも多々あります。不完全こそ本望!!と言いたいところではありますが、データには不備はないほうがいいですよね(*_*)
というわけで少しずつ完成させていこうと思ってます。
まいどおおきに! 続きはこちらやで! あなたさまの宇宙がさらに輝きますように…☆
| - | 00:39 | comments(0) | - | 円取 蹴生 |