<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
閲覧状況
JECN-0244へようこそ。10周年のfutariに心から39。
ブログパーツUL5
アマゾン川
Coward (初回盤DVD付)
Coward (初回盤DVD付) (JUGEMレビュー »)
ENDLICHERI☆ENDLICHERI
いらっしゃいませ。ENDLICHERI☆ENDLICHERIです。
アマゾン川
たびぼん 竹内結子タヒチ旅日誌
たびぼん 竹内結子タヒチ旅日誌 (JUGEMレビュー »)
竹内 結子
こんにちは。タケウチです。
アマゾン川
写真集 三島由紀夫 ’25~’70 (新潮文庫)
写真集 三島由紀夫 ’25~’70 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)

どうぞ、ゆっくりしていってください。
NEW ENTRIES
ARCHIVES
KINKI LINKS
天気予報

-天気予報コム-
 
お天気プラザ お天気アイコン
oricon
KYOTO TAN9
鴨003(雄) 提供:鴨せいやさん
      Sankaku903
猫のままで終わるな。
鹿
ページのランキングだゼゼゼ
Produced by…
【奈良小屋】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
僕にとってはマボロシのナビゲーター。
マボロシをナビゲートするラジオは電波の関係で聴けなかった〜
FM大阪が入らん奈良ってどんだけ〜…
僕の住んでる地域がたぶん奈良でもド田舎なんだと思う。

Ga

文字お越しをしてくれているブログで雰囲気はつかめた。
ほんまにありがたい。
ナビゲートする声がかっこよかったそうで、生で聴きたかったなぁ。

ケリーさんが紹介されるとき、「ENDLICHERI☆ENDLICHERIから、堂本剛」という紹介のされ方をしたみたいです。「ENDLICHERI☆ENDLICHERIの堂本剛」ではなくて。単なるソロワークの名前という意味合いだけじゃなく、SC△LEやバンドのメンバーの集合体としてのENDLICHERI☆ENDLICHERI。チームって感じがしていいなぁ。

マボロシもENDLICHERI☆ENDLICHERIも、新しい音楽を創ろうとしている。新しいということは、まず自分らしくあること。批判やいろいろ厄介なことを覚悟で、自分の音を追及していくこと。
そういう人たちが奏でる音に積極的に触れてみたい。500円のシングルもあるみたいだから、いつか縁があれば買って聴いてみようかな。

jugEmテーマ:E☆E


| ENDLICHERI☆ENDLICHERI | 22:59 | comments(2) | - | 円取 蹴生 |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - | スポンサードリンク |
地デジ鹿男さん、こんにちは!

紅茉來鈴って、めっちゃ謎な方ですよね。ミステリアスだからこそ、いろんな空想をして、楽曲に感銘を受けるのかもしれませんね。ぁ↓イ蓮△△蠅┐覆もないですが、この謎は”永遠に”謎のままでしょうね。「the EDGE of the WORD」は、優しいメロディーに、突き刺さる歌詞、そして、高音の伸びが何とも心に響きます。「ラプソディー」は、レンタルショップに足を運んでるにもかかわらず、まだ聴けてない状態です。このまま聴かずに、コンサートで初聴きしようかとも思ってます。「風の色」は、私も同じく、最初はスキップ派でしたよ。アルバムを手にして、しばらくの間は、シングル曲と、定番曲はスキップして、新鮮な曲を何度もリピートしてました。最近やっと、全曲聴くようになりましたが。作詞が秋元先生ということで、安心して聴けるので、前半の盛り上がりに一呼吸置ける曲です。
私は、じゃがりこを食べながら、『φ』の続きを楽しみにしています。

奈良では、FMが聴けなかったんですね。毎度のことながら、文字お越しをしていただいてるファンの方ってありがたいですよね。
確かに「ENDLICHERI☆ENDLICHERIから、堂本剛」って言ってました。
SC△LEの集合の中の、堂本剛だと考えれば納得ですね!残念ながら、ジョン・レノンスーパーライブへの参加は叶いませんでしたが、(ライブは観に行かれていたとの情報はありました)E☆Eは確かに動いているという核心が持てて嬉しかったです。もっと大きな夢が叶う日を楽しみに待ちたいなと思いました。
| アナログ☆アナログ | 2007/12/10 5:10 PM |
円取さん、おはようございます♪
ラジオ、幻になっちゃったんですね〜。番組HPは見ましたか?スタッフブログは特に必見ですよ♪

「E☆Eからの堂本剛」は自分で自己紹介の時にも言ってました。新聞では「堂本剛」だったので、E☆Eも書いてほしかったんですけどね。私的には「堂本剛」なしの「E☆E」だけの方が、先入観無しで見てもらえるんじゃないのかなとも思ったりするんですけど。

マボロシとケリーにはかなりの共通点を感じましたよ。特に、タケウチくんの相棒Dさんは、すごくケリーに似た考え方をする人なんじゃないかな。お二人でトークするのを聴いてみたいです。

新しいということは、自分らしくあることですよね。と、同時に自分を高めていかなければ新しいことは生まれないから、どんどん自分を成長させていくことでもありますよね。
新しいことに対して、葛藤も素直に打ち明けてくれたDさんでした。Dさん、全然どんな方なのか今まで知らなかったんですけど、かなり興味深い方でした!!
| 空 | 2007/12/10 10:02 AM |










ご利用のブラウザ、設定で はご利用になれません。

<< JECN-0153「the EDGE of the WORD」「ラプソディー」「風の色」 | main | LF/ベストヒット2007 >>