<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
閲覧状況
JECN-0244へようこそ。10周年のfutariに心から39。
ブログパーツUL5
アマゾン川
Coward (初回盤DVD付)
Coward (初回盤DVD付) (JUGEMレビュー »)
ENDLICHERI☆ENDLICHERI
いらっしゃいませ。ENDLICHERI☆ENDLICHERIです。
アマゾン川
たびぼん 竹内結子タヒチ旅日誌
たびぼん 竹内結子タヒチ旅日誌 (JUGEMレビュー »)
竹内 結子
こんにちは。タケウチです。
アマゾン川
写真集 三島由紀夫 ’25~’70 (新潮文庫)
写真集 三島由紀夫 ’25~’70 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)

どうぞ、ゆっくりしていってください。
NEW ENTRIES
ARCHIVES
KINKI LINKS
天気予報

-天気予報コム-
 
お天気プラザ お天気アイコン
oricon
KYOTO TAN9
鴨003(雄) 提供:鴨せいやさん
      Sankaku903
猫のままで終わるな。
鹿
ページのランキングだゼゼゼ
Produced by…
【奈良小屋】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
JECN-0153「the EDGE of the WORD」「ラプソディー」「風の色」
「the EDGE of the WORD」
後悔の歌。
言葉は人類が発明した目に見えない凶器である。使い方を誤まれば相手に、そして己にも深い傷を残す。

この作品は紅茉來鈴氏が作詞作曲、ボーカルアレンジメントもされている。謎多き人物なようだけど、タダモノじゃない風格が感じられます。
いろんなブログで紅茉氏って何者!?という話題が出てて、一番多かったのは,弔茲辰気鸚癲⊆,豊光一氏説でした。光一氏の前例もあって、今度はつよっさんか!?ということなのかな…。でも2人のインタビューを読んでると´△箸發匹Δ笋藐当違いらしい。しかしながら、紅茉氏の存在は「普通の作詞家・作曲家」とは明らかに違う。このIT時代に、検索してひとつもヒットしないなんてあるんだろうか? L橘召凌型佑覆蕕△襪もしれないが…どうみても玄人やからなぁ。
…ということはどういうことか?
可能性としては、2人のうちの1人あるいは2人と、誰かとの共同名義か、イ△訖擁(たち)の覆面名義、しか考えられない。
考え始めるとめっちゃ気になるなぁ〜。
ま、誰でもいっか。

この曲は詞も曲もまとまっていていい感じですが、ボーカルのアレンジメントが効いてます!!
とても雰囲気的に暗い歌だけれども、何回も聴きたくなるのは、やっぱり声の面白さでしょうね。「もう戻れな〜い」の伸びはすごい!
最後もつよっさんのフェイクと光一氏の高いコーラスが入っててよかった。


「ラプソディー」
「Love is... 〜いつもそこに君がいたから〜」的な、やんわりした感じが心地いい。個人的にはこっちのほうが好きです。この曲はUNIVERSAl lOVEのみに収録されてるので聴けてない方も多いと思われますが、ぜひ聴いていただきたい1曲です。またJEの回し者みたいなことを書いてますが(笑)、是非に!

初めは印象が薄かった。「lOve in the φ」「since 1997」「銀色 暗号」などに比べると、綿菓子を食べてるような噛み心地のなさを感じていたのだけれども、ふとした瞬間に「いい曲やなぁ...」としみじみ感じられるようになった。という経緯があり、僕にとっては思い出深い曲となった気がします。

Q:KinKiのアルバム通常盤のボーナストラックで有名な作家と言えば?
A:成海カズトさん!
というくらい(去年からだけど)ボーナストラックの作家さんという印象が強い方ですが、来年は普通に収録してもらえるといいだろうなぁ、とちょっと思いました。より多くの人に聴いてもらえるので。
そしてバラード以外の曲も聴いてみたいです。


「風の色」
穏やかな「ラプソディー」から一転、次はなんとも古風、と言っても「unchanged.」ほど古くない、昭和の香り芳ばしい曲が並んだ。
作詞が秋元康氏という、これも目玉の曲で、どんだけ豪華なアルバムやねん!と思ったわけですが、「ラプソディー」以上にはじめはスキップしていました…。理由は「lOve in the φ」や「since 1997」の新鮮さに何度も触れたくて、この聴きなじみのある感じの曲をじっくり聴くのが歯痒くて仕方なかったのです。

Gaぁ

やはりある時期からじわじわと効いてきた!
今までのKinKi Kidsらしい曲調なので、もしかしたら一番聴いていて違和感がない曲なのかも。

「胸の高鳴りと独り言」を聴いてもらいたい、っていう歌詞がなぜか耳に残った。

ここまでで構成的に前半終了という感じかな。
後半はソロ・共作・シングル、そして「since 1997」が配置されている。

ポテロングZでも食べながらはやく仕上げようっと…

JUGEMテーマ:KinKi Kids


0244テーマ:JECφ-0004/5/6
| KinKi Kids | 01:35 | comments(1) | - | 円取 蹴生 |
スポンサーサイト
| - | 01:35 | - | - | スポンサードリンク |
円取さん、地デジデビューおめでとうございます♪昨日は、地デジでフィギュアを見てたんですね。

うちは、まだです(笑)。なかなかテレビが、壊れそうで壊れなくて(笑)。もうちょっと粘るつもりです。うちも、地デジになったら「M−on」が見れるんですけどね〜。

ところで、液晶とか、もう一つ何でしたっけ?いろんなテレビがありますけど、円取さんの家はどんなテレビですか?もし良かったらメーカーとかも教えて頂きたいです〜。買うときに参考にさせてもらいたいです!今のところ、全く知識がないんで(笑)。

「the EDGE of the WORD」
は、初聴きで一番好きで感動した歌でした。剛くんのフェイクが(E☆Eよりは抑え気味ではあるものの)素晴らしくて!
この曲を聴く限り、紅茉來鈴氏は二人の合作のときのペンネームかな、って気もちょっとしたんですけどね〜。でも、「unchanged」でそれはあり得ないって確信しましたけど(笑)。

「ラプソディ」まだ聴けてないのは、私です(笑)!冬コンまでには聴きたいと思います。評判は、「地味」って感じが多かったようですけど、円取さんはあるときしみじみいい曲だなあと思ったんですね!

「風の色」は、私もスキップする機会の多い曲かな(笑)。最近のシングルのカップリングによくある曲って感じですね〜。嫌いじゃないし、悪くないけど、やっぱり他の新鮮な曲調の歌が聴きたいって感じかな。この歌にこのアレンジは合ってるのかなっていう違和感が私的にあったりもしますが。敢えて狙ってきてるのかもしれませんね。
| 空 | 2007/12/09 11:05 AM |










ご利用のブラウザ、設定で はご利用になれません。

<< 地デジデビュー。 | main | 僕にとってはマボロシのナビゲーター。 >>